CFDってなんだろう

CFDって言葉は聴いたことあるけど、詳しくは知らないなぁ。 でもいまさら人に聞くのは恥ずかしいし。。。CFD初心者のための比較サイトはそう思っているCFD初心者のためのCFDサイトです! 一緒にCFDについて学びましょう。

CFD取引とは?

CFDとは投資の一種で、差金決済取引を指します。CFD取引で特徴的なのは 同じ口座で株やFXなどの取引が行えることです。通常、証券会社で株の口座を開いたら株取引しかできません 。同様にFXの口座を開いたらFXの取引しかできません。しかしCFDの口座であれば株もFXも同じ口座で取引ができるのです。 cfdとはひとつの口座で株式・債権・コモディティ・為替など色んな取引きができる新しい投資なのです。

CFDの魅力

CFD口座が便利なのは理解していただけたと思いますが、CFDのもうひとつの魅力はレバレッジにあります。 レバレッジとはもともとてこの原理をあらわす英語なのですが、金融商品においては小さい資金で大きな金額の取引を行える ようにすることを指します。例えば、100万円を業者に保証金として預けれ、その金額を担保にして業者からお金を借りて500万円分の取引をしたり 1000万円分の取引をすることが可能です。500万円分の取引をするのに実際の現金は500万円なくても可能なのがCFDの魅力です。

CFDの落とし穴

レバレッジはいいことばかりではありません。小さな資金で大きな取引を行うと、利益が出たときはいいですが、 損失が出たときには困ることになります。大もうけする可能性がある取引はすなわち大損する可能性もあるからです。 これを充分に認識したうえで、CFD取引におけるレバレッジを決めないとあっという間に元本がなくなってしまいますよ。

CFDのレバレッジ

CFDでレバレッジは3倍程度までにするのがよいでしょう。例えば、100万円を証拠金として預け入れた場合は 300万円分の取引を限度にするということです。FXを例にすると、3万ドルの取引が限界ということです。 3万ドルでは10円下がると30万円の損失です。それだけで証拠金の3割を失ってしまうことになります。 仮にCFDのレバレッジを10倍にして10万ドルの取引をした場合は10円下がると100万円の損失になり CFD業者に預け入れた元本すべてを失ってしまいます。 CFD初心者は訳も分からず高レバレッジに設定する方がいますが、レバレッジには注意を払うのが重要です。